本格的な雪のシーズンになり、カメラに雪が積もるのが気になる季節に。
市販されているカメラ用のレインカバーもいくつか所有していますが、
自分のカメラにはどうにもサイズが大き過ぎましてね。
カバーの中でカメラが泳いでしまうのと、
あと、横から自分の手を入れるための袖みたいなのがついてるんですよね。
あれ、正直要らない(笑)

で、作ってみました。
d0154140_12520609.jpg
今回使ってみたのがこれ。
なんでマイクロファイバークロスかと言うと、
濡れた時に拭けると一石二鳥じゃーん。
という、それだけです。
あと、若干厚みが欲しかったのは、ズームレンズの都合上。

d0154140_12575934.jpg
表地は撥水素材の薄手のナイロン生地。
たまたま家にあったシロクマ柄。
いいんだ、、、、、試作だから。

d0154140_12590153.jpg
全体像。
表がナイロン、裏がマイクロファアイバーです。
(なんかゴミついてるけど、、、、まいっか。)

d0154140_12595265.jpg
家具の滑り止めに使うフエルトシート。
粘着かなり強めなのでフードの当たる部分に貼っただけ。

d0154140_13005899.jpg
カイロポケットつき。
これは、レンズの結露防止のためです。
落とさないようにマジックテープで止めるように。


d0154140_13022275.jpg
d0154140_13023486.jpg
脱落防止の紐&クリップ。
カメラストラップにつけてカバーの落下を防止します。
しっかり固定の場合はクリップ。
可動域が欲しい場合はリングで。

d0154140_13041747.jpg
d0154140_13043613.jpg
着せるとこう。
防空頭巾みたいですねぇ(笑)

巾着のようにレンズ部で絞れるタイプも考えましたが、
ある程度余裕を持たせないとズームの際エラーが出てしまうので。
マジックテープとスナップボタン留めです。

d0154140_13075218.jpg
d0154140_13080784.jpg
↑スケッチ(笑)


ちなみに手縫いです。
ミシン出したり調整するのが面倒だっただけです。
良い子はちゃんとミシン使いましょう(笑)

防水型カメラパオ・カメラケース
レインカバー考

参考にしたのはこちらのブログで紹介されている「カメラパオ」という商品。
残念ながらもう販売されてないのでしょうかね?

思いつきで作って見ましたが、あとは使ってみてですね。
滑り止め素材をつけてみましたが、
カメラ純正のフードは花形のプラ製なので、
ラバー製の筒状フードに変更するつもりです。
(花形フードは凹カット部から雨や雪が入るんですわ)

※追記
最終的に反対側にもマジックテーブをつけまして、
移動時のホールドがより楽になるようにしました。

# by suimu_calcite | 2017-11-22 19:08 | カメラあれこれ

ワッキー


まったくもう そりゃないわ。
いくら名前が似てるからって、ポッキーの翌日に逝くことないじゃないの。
d0154140_20061474.jpg
ワオキツネザル【ワッキー♂】享年28歳

ワオキツネザルの「ワッキー」が亡くなりました。

d0154140_20073331.jpg
朝の獣舎清掃や給餌で慌ただしい時間に逝ってしまったようです。

モンキーハウスには個体紹介がないため、
年齢を気にしたことがあまりありませんでした。
彼が28歳という飼育下での寿命を軽く超えていることを
意識し出したのはこの夏のこと。

d0154140_20072350.jpg
d0154140_20071045.jpg
最初はワッキーとアサギを逆に覚えてたりもしました。

朝食を終えると天井近くて「ワオ団子」になることが殆どで、
なかなかお写真も撮れなかったなぁ、、、

d0154140_20070166.jpg
d0154140_20064548.jpg
屋外展示の日は決まっていつも
「なんでわざわざそんな暑い場所に?」と思うほど、
日当たりの良い場所を選んでワオ団子になってた。

だから、あなたが選んだ旅立ちもまた 秋晴れの一日。

d0154140_20065375.jpg
ワッキー、あなたってばポッキー爺ちゃんよりも先輩だったのね。
長い間本当にありがとう。

寂しくなっちゃうな。







# by suimu_calcite | 2017-10-28 20:21 | 動物園


雲ひとつない 見事なまでの秋晴れの空を
爺ちゃんは駆けていってしまいました。
おそらく たぶん 振り返らずに 颯爽と

d0154140_18564222.jpg
サーバルキャットのポッキー 享年24歳(推定)
大往生でした。

サーバルキャットのポッキーが亡くなりました(第一報)

d0154140_18571634.jpg
d0154140_18573446.jpg
d0154140_18563548.jpg
d0154140_18562797.jpg
d0154140_19030045.jpg
ポッキーがご飯を食べるのを見て、衰えぬ食欲に安堵して園をあとにしていたけど
呼吸困難に陥る10月25日の朝まで、介助つきですがお肉を食べたそうです。
その日の午後には飲みこめなくなってしまったけど、それでも「食べよう」としたんだね。
彼は最後まで、自分から生きることを諦めはしなかったのでしょう。


天気が良くて暖かい日は、気持ち良さそうに日向ぼっこをしていたけれど、
d0154140_18572523.jpg
まるで選んだように、穏やかな秋晴れの日に旅立った。
どこまでも本当に「ポッキーらしい」や。

「ポッキー晴れ」は、園の職員さんの言葉です。

d0154140_18565871.jpg
たぶん、ポッキー自身は「頑張ってる」つもりはなくて、
ただ与えられた生を 当たり前に生きてただけ。

それでも

ポッキー爺ちゃん。
長い長い間、円山動物園にいてくれてありがとう。

d0154140_18565074.jpg
獣医さんを始め、園の職員の皆様。
最後まで彼のために最善の方法を選んでくださろうとしてたこと、
心から感謝しています。





# by suimu_calcite | 2017-10-28 19:21 | 動物園