人気ブログランキング |

君の寝顔にくちづけを

午後からイコロとキロルのお別れ会。
お仕事なので、朝のうちにお別れを言いに。(今仕事中w)
クマたちはまどろみの中。
暖かい互いの温もりに寄り添えるのは今日が最後。
君の寝顔にくちづけを_d0154140_14255257.jpg

明日ララが目覚めた時にはイコロとキロルはもう居ない。
イコロとキロルが目覚めた時にはララは傍にはもう居ない。
仕方の無いことだとは解ってても、やっぱり寂しいね。

思わずカラスにGJ!と言いたかった。観客の心が通じたのか。
(「ねぇ、起きてよ!」と言わんばかりの動画です)


君たちに出会うまでは
ホッキョクグマという生き物が 
こんなに愉快だとは知らなかった
表情が豊かで感情も豊か

小熊の成長過程が
こんなに楽しいものだとは思わなかった

1人で過ごす週末が いつの間にか楽しくなった

君の寝顔にくちづけを_d0154140_1426113.jpg


君たちに逢えて 良かった
君たちが双子で 良かった

帯広はちょっと遠いけど
ピリカにも会いに行くね
君たちの弟や妹にも 会いに行くね

君たちが他の国に旅立つ時には
円山から送り出してあげたかったな
それはもう難しいみたい

何所へ行っても 健やかに
可愛いお嫁さんが見つかるといいね

いつかどこかのホッキョクグマに
君たちの血が繋がっていきますように 

君たちの子供に いつか会えますように


君の寝顔にくちづけを_d0154140_14262437.jpg

お別れ会は午後2時から。10時半の時点で既にこの人垣。
写真も撮れる状態でもなくなってきたたし、仕事もあるので1時間もしないうちにその場を離れました。
何かただならぬものを感じたのか...
イコロがずっとずっと鳴きながら、ララの姿を追っていました。
ずっと聴いてるの辛かったよ。

# by suimu_calcite | 2010-02-20 15:01 | ホッキョクグマ

逢瀬

来週の今頃には帯広に到着しているイコロとキロルですが...
逢瀬_d0154140_14194048.jpg

まだ乳離れしてないよ! どーすんの!(笑) な状態。

お別れ会は20日の14時からだそうです。
仕事だったらその時間は無理なので、出社前にちょっと寄って行こうかなぁ...とか。

逢瀬_d0154140_14194933.jpg

それとも、出発当日にお見送りしようかなぁ...とか。
色々悩ましいところなのではありますが。
(出発は21時朝8時頃だそうです)

逢瀬_d0154140_14195863.jpg

多分鳴くよね。
特にイコロとか、物凄く鳴くと思うんだよね。
で、その鳴き声をさ、今の自分の精神状態で聞いていいものかどうかちょっと悩むわけです。
その前に「起きれるか?」というのもありますけど。

逢瀬_d0154140_1420666.jpg

旭川に行った「さつき」は展示開始されたようですね。
初日から元気にやらかしてしまったみたいですが(笑)
意外にお転婆さんだったのね。さっちゃん。
春以降、無職期間長かったら会いに行こうかなぁ...
帯広の日帰りは難しそうだけど。
# by suimu_calcite | 2010-02-14 19:18 | ホッキョクグマ

バイバイ さつき

円山動物園のホッキョクグマ「さつき」にお別れをしてきました。
彼女は9日に旭山動物園へと出発します。
そっちに行ったら宜しくね。きさっち。

今回「繁殖のための貸し出し」ということなのですが、例えば最長でどのくらいの期間になるのか?とか
生まれた小熊の所有権は円山と旭山のどちらになるのか?とか
イワンとのペアリングが上手くいくのであれば、そのまま旭山に置いておこうって話にはならないのか?とか
色々とはっきりしないことが多いのですが、旭山のプールは大きいよ。

バイバイ さつき_d0154140_1485078.jpg

夏が楽しみだね。さっちゃん。
ちなみに予定が詰まってるため、お別れ会開始前には動物園を撤収。
最初は陽が照って暖かかったのに、どんどん寒くなってきたよ。


ララ親子はちょうど昼寝から目覚めるタイミングでした。
バイバイ さつき_d0154140_149298.jpg

寝起きのララと...これはイコロかな?

バイバイ さつき_d0154140_1491189.jpg

「もうしょーがないわね。」って感じのララの表情がね。
これはキロル。

バイバイ さつき_d0154140_1491992.jpg

なんとなく、別れの日が近いことを肌で感じているのでしょうか。
今日はいつもよりも「金魚のフン」状態が長かったです。
イコロはずーっとララの後をついて歩いてました。

バイバイ さつき_d0154140_1492755.jpg

入浴中のオッサンみたいなキロル。



先日の日記に「繁殖の二文字に囚われ過ぎてやしないか?」と書きましたが、その気持ちは今も変わりません。
人間の思惑で「産めよ増やせよ」状態の動物たち。
国内外の動物園でどれだけ繁殖の成功例を増やしたところで、野生のホッキョクグマが減っていく現実は何も変わらないんですよね。
いつかどこかの動物園で「地球最後のホッキョクグマ」という看板が立たないことを願います。
ちなみに私は、ここ2年近くマイバック持参派です。無理せず出来る範囲でのエコ活動は続けておりますよ。

繁殖の実績を伸ばすことは勿論大切ですが、私個人としては「人工飼育」の成功率がもっと高くなればいいなと思います。
未だ成功例はピース一頭のみ。
アドベンチャーワールドの小熊も今は順調に育ってはいるようですが、まだまだ安心は出来ません。
そんな小熊の世話を、タレントなんかに任せていいのだろうかと、思ってみたり。

# by suimu_calcite | 2010-02-06 14:07 | ホッキョクグマ